読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fraternité

観劇記録

サイバーパンク朗読劇「RAYZ OF LIGHT」 感想

ストーリー

西暦2025年。ウェアブルデバイスの発展が〈広告〉と〈ファッション〉のクロスメディアを促し、若者たちは〈広告〉を身にまとうようになりました。 そう、着るだけで広告収入が得られる時代です。
洋服に表示された〈広告〉は選択数に応じて広告料が支払われます。しかし。 広告を着ていても、家の中にいるだけでは人目につかない。 人目につかないのでは広告としては意味をなしません(誰にも見られない広告にお金を出す企業はないからです)。 そこで広告を身にまとった若者たちは、人が集まる場所――原宿に集まるようになったのです。

そんな広告クリエーターの集う街・原宿で探偵業を営むLAW。彼は名推理で殺人事件を解決するのでも、マフィアの女を運び屋よろしくボディガードするのでもない――広告トラブル専門のいわば『広告探偵』です。そう、ファッションとのクロスメディアが進むと同時に、詐欺被害などの広告トラブルもまた増加傾向にある。そんな広告問題に特化した探偵がLAWなのです。

物語は若者が連続して自殺するという怪現象からはじまります。自殺した若者はみな、<Lizzy>と呼ばれる人気広告クリエーターを選択していたのです。果たして連続自殺と<Lizzy>の関係は……?そして明かされる<Lizzy>の正体。Botなどの広告プログラムから派生したプログラム人格である彼女には、国家の陰謀が潜んでいて…………!?

ファッションと広告がクロスメディアする、近未来の原宿を舞台にした探偵ストーリー!!

サイバーパンク朗読劇 RAYZ OF LIGHT

 f:id:khkk1207:20170220135601j:image

 

 

 

最初に言っておきますが2017年春に再演だそうです〜!再演というぐらいだからまた朗読劇なのかな?同一キャストでやるのかなど詳細はまだわかりませんが内容的には難しくも面白かったので今回限りじゃなくて嬉しいです。

 

初めはサイバーパンク朗読劇ってなんぞ!?となっていましたがありがたいことに公式ツイッターに説明がありました。

twitter.com

twitter.com

 

クラウドファンディング成功によって上演されたこの作品、サイバーパンクというだけあって(支援のリターンで)いただいた台本をパラパラと読んでも漢字の羅列やカタカナが多く、難しい!!特に私はコンピューターとか滅法弱いので特にそう感じてしまったのかも。台本いただいているので難しい単語ぐらいは調べておこうかな。クラウドファンディングの前にプレ公演もあったようですね。

twitter.com

前説で冷泉役の久保田さんから諸注意がありましたがドリンク券が付いていてもやっぱりそこは演劇、上演中は飲食禁止でした(笑)あと「ガジェットを禁止にするのは大変心苦しいですが…」と本編にあった前説は面白かったです。座席は千鳥じゃなかったので若干観にくいかなと思ったんですがトークショーで椅子に座ったとき以外は殆ど皆さん立っていたので普通に観えました。ちなみに席は確か7×7の49だったかな。会場いっぱいに座席並べてあるのかと思いきや客席を使った演出があったのでそこそこゆとりはありました。公演時間は110分と案内していましたが内30分はトークショーでびっくりです。この台本の厚さで2時間になるの?とは思ってましたすみません(笑)

 

 

本編

映像と照明がすごく綺麗。映像もステージ奥にあった大きいもの以外にステージ上に2台、ステージ下左右に2台、上に2台とモニターがあったのでどこの席でも見えるようになっていました。

twitter.com

トークショーの時の質問内容もこのモニターに映ってました。再演の際も是非、照明の綺麗な会場で上演してほしいです。今回の会場はこじんまりとしてたのでマイクなしかなと思っていたんですけどマイクあったので何でだろうと思いましたがリジィのエフェクトのためだったのかな。その影響もあってなのかは分らないですがリジィ役の子のヘッドセットマイクにケーブルが付いていたので大変そうでした。女の子2人が10代で衝撃でしたがとても可愛く、大人っぽい演技をしていました。音楽も内容に合っていて耳でも楽しめました。ただちょこちょこあった機材の不調が少し勿体なかったです…。

  

トークショー

事前に質問内容を募集していたのは知っていましたが30分も時間があったなんて知らなかった…(笑)

主演の菊池さんがトークショー回すのかなと思ってましたが助手という(役での)立ち位置なので久保田さんが回してました。トークショーの台本はこの2人が持っていましたね。菊池さんと久保田さんがテニミュ*1での共演より前からの知り合いでバイト先が一緒だったということは知っていましたが本当に終始楽しそうでした(笑)私の中では昼公演の高橋警部役の佐々木さんと冷泉役の久保田さんが同い年という事実に衝撃でした。会場でも「えぇー!」っていう反応でお2人からも「そのえぇー!は何!?」と突っ込みが入りました(笑)佐々木さんはいい意味で大人っぽく、久保田さんは年齢より若く見えるということで

 

それからラウと冷泉は中の人が逆でもこの朗読劇、成り立ってたと思う(笑)

*1:ミュージカルテニスの王子様。菊池さんは2nd忍足役、久保田さんは2nd仁王役